思わず涙した実話 母からもらった小さなポチ袋

ある日母が体調を崩して入院した。
そしてお見舞いに行ったら母から小さなポチ袋をもらった。
「母さんに何かあったら、それを開けなさい」と
言われポケットにしまったまま忘れていた。
 
それからしばらくして母は亡くなった。
末期の癌だった。
 
葬式の帰り道、私はそのポチ袋のことを思い出し
袋を開けてみた。
すると、その中には私が幼い頃母親の誕生日にあげた
「なんでも一つねがいごとがかなうおまもり」
と幼い私の字で書かれた一枚の紙が入っていた。
そんなことはとうの昔に忘れていた。

 

「なぜ母は今頃これを俺に。。」と思い、ふと裏を見てみると
「幸せになりなさい」とかすれた文字が書かれていた。
 
お葬式でも一切涙の出なかった私はそれを見て泣き崩れた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016-6-26

    写真で見る1800年代のラストサムライの雄姿

  2. 2016-6-26

    光を使ってつくられたドレスが神々しい

  3. 2016-6-26

    世界中の衝撃写真をご紹介

  4. 2016-7-5

    世界の美しい廃墟60選

    El Hotel del Salto(コロンビア) &n…
  5. 2016-6-26

    素晴らしき水中の人物を描いた絵画

    水中の人物を描いた素晴らしい絵画をご紹介。 水の立体感と人物の融合が心地よいです。 …
  6. 2016-7-2

    ギネスを更新 新年を祝うドバイの50万発の花火

    2014年の大晦日にて、ドバイの花火大会の様子です。なんと6分間に50万発もの花火が打ち上げられまし…
  7. 2016-6-23

    もはやミニチュアではない?6フィートのミニチュアダックス?

    この超巨大なダックスはもちろん合成。映画ホビットのよ…
  8. 2016-7-2

    ダウンタウンの浜ちゃんの息子、OKAMOTO’Sのハマオカモトの超絶テクの即興ベースプレイ

    即興とは思えない超絶テクニックを是非。 …
  9. 2016-8-31

    マニキュアを使って描かれた美しいファッションスケッチ

    マニキュアは、もはや手足の爪に塗るだけのものではありません。 ArtclaytionのChan C…
  10. 2016-7-5

    エルフの女王と呼ばれるロシアのアルビノの少女 ナスチャ・クマロヴァ

ピックアップ記事

  1. なんとノーマルで時速400キロという凄まじい記録を達成。 400キロに到達するまでわずか26秒…
  2. 満面の笑顔のボウイ。天国でもロックしていることでしょう。…
  3. これは中毒性がありますね。 …
  4. こうして並べてみると結構変わっています。 ブッシュ リンカー…
  5. イギリス人アーティストのPtolemy Elringtonさんがつくり出すスクラップ金属のみで造られ…
  6. ディープブルーと呼ばれる超巨大ホホジロザメが、メキシコにあるグアダルーペ島に棲息している。 なんと…

ピックアップ記事

  1. 入れ墨女性は結婚式の日に見せるのか隠すのか大きな決断が必要です。彼女たちはメイクでtatooを消す、…
  2. ふわふわのポメラニアンとシベリアンハスキーという意外な組み合わせから生まれた、可愛らしいミックス犬の…
  3. みなさん決してマネをしないでください。。 …
  4. ウユニ塩湖に映る天の川はまるで宇宙空間にいるようです。 …
  5. 彼女たちのパフォーマンスももちろん素晴らしいですが、この斬新なアイデアと実現させる技術が凄すぎます。…

カレンダー

2020年11月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アソビゴコロニュースメディアとは?

世界中の面白ニュースを集めたサイトです。ニュース、カルチャーから自然、風景、動物ネタなど面白記事をほぼ毎日更新しています。よかったらいいね!お願いします。
ページ上部へ戻る